資材

アクリル板を利用して生活を変える【魅力的な素材の購入ガイド】

アクリライトを使用する

ワーカー

アクリライトの特徴について知ろう

アクリライトは株式会社三菱レイヨンのアクリル板の商標です。アクリライトはガラスに比べて軽量で割れにくく、加工がしやすいといった特徴をもっています。水晶のように透明で対候性にも優れ、厚板から薄板まで、たいへん幅の広い規格が設けられています。曲げたり、穴をあけたり、接着剤で貼り合わせたりといった加工が自由自在にできるという優れた特徴をもつ上に、薬品にも強いという性質もあります。また着色性にも優れており、48種類以上の様々なカラーのバリエーションがあります。摩擦にも強く、テレビやコンピュータなどの液晶の保護板や看板や建築材、水族館の水槽、美術館のショーケースなどといった様々な場面で活用されています。

メタクリル板と今後の展望について知ろう

アクリライトはメタクリル酸メチルエステルという物質から製造される合成樹脂です。メタクリル樹脂は当初は航空機の防風ガラスとして多く用いられていました。現在、アクリライトS、アクリライトEXといったラインナップがありますが、これらは製造方法の違いに応じて名前が付けられたものです。アクリライトという商標名は国内向けのものですが、海外と取引する際にはShinkoliteという名前で輸出されます。アクリライトは生産されて以来、その優れた性質のため、新しい技術革新によって新規用途が開発されたり、新たな製造方法が開発されたりして、ますます多様な目的で用いられるようになっており、今後も技術開発による新製品の開発が期待されます。